​ポジティブ・ディシプリン®︎日本事務局

当事務局は、日本国内における罰によらない子育て「ポジティブ・ディシプリン」のプログラム普及・拡大へ向けて、質の管理と普及戦略を担うため立ち上げられました。

​カナダを拠点とする「Positive Discipline in Everyday Lifeのパートナーとして認定され、国内では2名のカントリー・トレーナーが中心となって、多様なパートナーシップを構築しながら活動を展開しています(2021年1月現在)。

2019年5月1日、公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンから、日本国内におけるポジティブ・ディシプリンのプログラム普及やファシリテーター養成などの普及活動をNPO法人きづく(ポジティブ・ディシプリン日本事務局)へ移管されました。

ポジティブ・ディシプリン日本事務局の役割

​普及活動として主に以下を行なっています。

プログラム・ファシリテーター資格認定

プログラム・ファシリテーター養成活動

プログラム・ファシリテーターメンターシップ・後方支援

プログラムの効果測定活動

プログラム開発チームとの連携調整

国内における普及教材や資料の管理

ポジティブ・ディシプリン普及のための企画戦略

ポジティブディシプリン広報窓口

名称未設定-1のコピー.jpg

2020年度実績 

2009年から10年間、公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンがプログラム実施・ファシリテーター養成となど日本国内の普及活動を担う事業を展開していました。

2019年5月、同普及活動が移管され、現在は当事務局が普及事業を引き継いでいます。

​これまでのプログラムの普及実績は以下の通りです:

 標準プログラム(18時間)実施回数 28回

 標準プログラム(18時間)参加者数  358名   

現在までに養成されたプログラム・ファシリテーターの数は以下の通りです。

カントリートレーナー    2名

認定ファシリテーター    10名

研修生*            36

*実施研修中の方は、研修生として活動されています。

(2021年3月現在 2019年移管前からのものを含む )

ポジティブ・ディシプリンの国内外の普及の歩みについて、詳しくはこちらへ。

ポジティブ・ディシプリンのプログラムについては、詳しくはこちらへ。

ポジティブ・ディシプリンは特定非営利活動法人きづくの商標登録です。