ポジティブ・ディシプリンの歩み

なぜ開発されたの?

2006年、国連事務総長の依頼により実施された「子どもに対する暴力」の調査・研究の実施報告によると、世界中の子どもたちが家庭を含むあらゆる場所で、日常的な暴力にさらされていることが明らかとなりました。報告書は、家庭における暴力をなくすためには養育者を支援するプログラム開発が必要とし、それらのプログラムは文化的に適切で、人権と科学的根拠に基づいていなければならないと提言しました。子ども支援専門の国際NGOセーブ・ザ・チルドレン(1919年英国で創設)は、各国における経験を総括し、また家庭における暴力を伴う子育て、しつけの名の下に長い間、黙認されてきた懲罰を含む子育てをなくす取り組みとして、本プログラムの開発に着手することとなりました

いつ、誰がどこで開発したの?

2007年、国際NGOであるセーブ・ザ・チルドレンが、児童臨床心理学者のジョーン・E・デュラント博士と共に養育者支援プログラムとして開発しました。ポジティブ・ディシプリンの開発においては、1979年に世界で初めて家庭を含むあらゆる場所における体罰を禁止したスウェーデンのセーブ・ザ・チルドレンが中心的役割を果たしました。文化の違いに配慮したプログラムの開発を目指し、まず開発者らの活動基盤のあったタイとカナダで開発が始まり、フィジー・香港・日本・タイの養育者や若者らとのコンサルテーションによる評価を行った後、カナダ・カンボジア・韓国・フィジー・モンゴル・ルーマニアにおける試行的なプログラムの実施を経ました。

普及の実績は?

ポジティブ・ディシプリンは、36カ国以上で普及されています(2019年12月現在)。

普及活動が始まった地域は、北米・中南米・アフリカ・中東・オセアニア・アジア・ヨーロッパです。プログラム開発チームからマスタートレーナーが各国へ赴き、ファシリテーター養成研修を実施し、質の高いプログラムを維持するための継続的な相談・支援制度を採用しています。

 
 
 
 
 
日本国内での普及

2007年、タイで出版された原作「Positive Discipline: what it is and how to do it」は、2009年に日本で「親力をのばす0歳から18歳までの子育てガイド:ポジティブ・ディシプリンのすすめ」(著:ジョーン・E・デュラント、監修:セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン、訳:柳沢圭子)として明石書店より出版されました。首都圏を中心に書籍「ポジティブ・ディシプリンのすすめ」の内容を簡易的に紹介するプログラムを通して、普及の基盤づくりを行いました。

 

2009年から10年間、公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンがファシリテーター養成とプログラム実施の中心的役割を担ってきました。​

2019年5月、普及活動の移管が始まり、現在ポジティブ・ディシプリン日本事務局が同活動を引き継いでいます。

​これまでのプログラムの普及実績は以下の通りです:

 公式プログラム(18時間)実施回数 20回

 公式プログラム(18時間)参加者数  283名 

日本国内でのプログラム・ファシリテーター養成

2014年 

ポジティブ・ディシプリンの参加型プログラムの内容が各国のフィードバックをもとに大幅に見直されたことを機に、プログラムの開発チームからマスタートレーナーを日本へ招聘し、日本国内で初めてプログラム・ファシリテーター養成研修が実施され、正式な養成制度が構築されました。

2015年

宮城県石巻市、東京都豊島区および港区で、養成を受けたプログラム・ファシリテーターによる公式プログラム(18時間)の普及活動が開始されました。

同年、プログラム・ファシリテーターを継続的に国内で養成する役割を担うため日本で初めてカントリートレーナー(2名)が養成されました。

現在までに養成されたプログラム・ファシリテーターの数は以下の通りです。

カントリートレーナー    2名

認定プログラム・ファシリテーター    4名

研修生  29名*

*実地研修が未修了の場合、登録ファシリテーターとしています

(2020年7月現在 2019年移管前からのものを含む )

きづくFB-5-3-04.jpg