​スタッフ紹介

​スタッフ紹介

森 郁子  IKUKO MORI

きづくFB-2-08.jpg

正解が1つでないから、みんなと問い続けたい

ポジティブ・ディシプリンのカントリートレーナーとして、日本国内およびモンゴルでファシリテーター養成に関わる。2009-2019年まで、国際NGOセーブ・ザ・チルドレン・ジャパンの子どもの保護セクターの分野別リードとして勤務し、主にアジア、国内、および東日本大震災緊急・復興支援事業に従事。前職は、東京都特別区内の子ども虐待対策チームメンバーとして、要保護児童支援業務を担当したほか、財団法人児童育成協会(こどもの城)、公立保育園に勤務。発達心理学(学士号/ Scripps College)、福祉経営学(学士号/日本福祉大学)、国際子ども福祉(修士号/University of East Anglia)専攻。保育士。社会福祉士。

けいじ-01.jpg

関わるみんなが笑顔になれる活動にしていきたい

​​松永圭史 KEIJI MATSUNAGA

NPO法人きづく 理事、人事・総務

ITエンジニアとしてシステム開発を経験後、韓国、中国、インドにてオフショア開発プロジェクトを推進。その後通信キャリアに人事職として転職し、以後、大手プロフェッショナルファームや大手人材企業グループのHD会社にて、労務管理から人材育成、組織開発まで人事領域を幅広く経験。その間、二人の子どもを授かり合計5ヶ月の育児休業を取得。その際の課題認識から、PDEPファシリテーター養成プログラムを受講し、現在に至る。
経営学(学士号/中央大学)、人間学【心理学専攻】(学士号/武蔵野大学)。2級キャリアコンサルティング技能士(国家資格)。

きづくFB-2-09.jpg

おとなと子どもが互いに尊重しあえる存在に

望月里紗 RISA MOCHOZUKI

ポジティブ・ディシプリンのカントリートレーナーとして、日本国内のファシリテーター養成に関わる。2012-2018年まで国際NGOセーブ・ザ・チルドレン・ジャパンの子どもの保護オフィサーとして福島事務所および東京事務所にて勤務し、東日本大震災緊急・復興支援や国内事業に従事。前職は弁護士秘書。国際教育と開発(修士号/Sussex University)。法学(学士号/東京都立大学)。言語聴覚士。

のり2.jpg

改善じゃなく、みんなで“ありたい社会”に

​佐藤則子 NORIKO SATO

NPO法人きづく 理事、広報

2009-2015年まで、国際NGOセーブ・ザ・チルドレン・ジャパンのコミュニケーション部長として、広報部門とファンドレイジング部門をまとめる。東日本大震災緊急・復興支援に従事したのち退団。現在、内資・外資系コスメブランドのプレスからNGOのPRまで20年以上にわたる広報経験から、フリーランスで広報コンサルティング、ブランドコミュニケーションデザイン、イベントプロデュース、編集制作コーディネイトなどもこなす。